再生医療


近年、大きく平均寿命は延びましたが、細胞の老化が原因となって引き起こされる慢性疾患も増えてきており、残念なことに根治できる治療法が存在しないことがあるのも事実です。今現在も、世界中で多くの患者さんが慢性疾患やその他の治療の難しい病に苦しんでいます。iPS細胞等を活用した再生医薬品の開発・製造が進めば、人体の臓器や組織における細胞の老化が原因の疾患について、将来的に、より根本的な原因に直接作用できる治療や、高齢社会においてQOLの向上に貢献できることが期待されています。


幹細胞培養上精液 治療


最新の研究では、幹細胞から分泌される何百種類もの成長因子やサイトカインなどの生理活性物質が、体内にある再生能力の高い細胞にはたらきかけることで組織の再生を促し、幹細胞移植と同等の役割を担うことが分かってきました。そして、この分泌物を応用するのが【人幹細胞培養上清液】の活用になります。

幹細胞で何故症状が改善するのか…


人間の体には自己修復能力があり、傷んだり、古くなった細胞は修復や再生を行うことができます。 しかし、一度大きく損傷したり老化が進行すると自己修復機能が働かなくなることがあります。 事故・病気のあとの「後遺症」と呼ばれる麻痺などがそれに該当し、改善しないものだといわれてきました。 ところが幹細胞を用いた臨床研究では、回復不能と診断された症状が改善する事例が多く報告されております。 どうして幹細胞で症状が改善するのでしょうか? 体に障害が発生すると損傷部位から修復要請の信号が発信されます。 その信号を受け取った幹細胞が損傷部位に集まり必要な細胞に変化(=分化)することで、細胞器官が修復・再生し症状が改善します (これをホーミング作用と言います)。 慢性期の方よりも急性期のほうが幹細胞治療に適しているというのは、この信号の強さによるものと考えられております。 『悪い部位を切り取らず、人工物に置き換えず、自分の細胞から新たに作り直す』。 幹細胞の多彩な分化能により、回復不能と診断された疾患の改善が多く報告されております。


培養上清液に期待される効果

抗炎症作用:障害部位(損傷部位・炎症部位)の治癒促進、疼痛軽減効果など

 

血管再生・血管新生作用:動脈硬化性病変の改善・進行予防、EDの改善など

 

スカベンジャー(活性酸素除去)作用:疲労回復、生活習慣病予防など

 

免疫調節作用:アレルギー疾患、自己免疫疾患など

 

神経細胞修復・再生作用:脳梗塞、脊髄損傷など

 

骨再生作用:骨粗しょう症、歯肉炎(歯槽骨の再生)など

 

美容作用(シワやたるみの改善)、増毛・育毛作用:各種成長因子による

 

体内の幹細胞分化促進作用:自己再生能力の誘導など

 

組織修復作用:肝障害、間質性肺炎など

 

培養上清中のエクソソームによる作用:がん細胞の増殖抑制・転移抑制の可能性


昨今、予防医学が注目されてきています。

 

幹細胞培養上清液点滴は、治療目的だけではなく予防目的として点滴をされる方も増えております。

 

アスリートの方など、肉体疲労、筋肉疲労など体に負担がかかっております。

 

幹細胞培養上清液点滴をすることにより、パフォーマンスも上がります。


臍帯血幹細胞

歯髄幹細胞


脂肪幹細胞治療

骨髄幹細胞



クリニック案内

診察一覧

診療時間・アクセス



〒879-5102
大分県由布市湯布院町川上2518-1
TEL:0120-848-485
TEL:0977-75-9082

診察時間:

診療日
09:00〜17:00

水・木・金・土

第1日曜・第3日曜


休診日

毎週 月曜日 ・火曜日

第2日曜・第4日曜

無料カウンセリング予約

当院では初診のカウンセリングは無料ですので、安心してお越し下さい。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えします。

無料メール相談

頂いたお問合せに出来るだけ迅速に返信します。知識豊富な専門のスタッフが親切、丁寧にお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。